トレンド

タピオカの次に流行るのはプロテインジュース。ブームの今昔物語

2018年から始まって、そしてオールタイムハイを2019年に迎え、歴史的タピオカブームになった今年。

第3次タピオカブームらしいです。

3回目…

「歴史は繰り返す」

らしいので、このブームを振り返ったら、次のブームが見えてくるのではないでしょうか??

タピオカブームを、振り返ろう!!

そもそもタピオカってなに?

タピオカはドリンクのことではなくて、中に入ってるデンプンのことです。

そうです、デンプンです。

一次ブームは1992年

今から、えーと(=゚ω゚)

10年じゃ戻れませんね笑

20年…戻れない!!

27年前のことです。まじか、1992年てそんな前なのか!!

第二次ブームは2008年

なんか、記憶にある気もする。

タピオカ飲んだ気がする。

約10年前。これくらいだと、なんとなく記憶もあるような笑

流行ってる理由なんていくらでも言えるけど

台湾が人気とか、お茶が人気、タピオカ専門店が実は増え続けていた。

とか、いろいろあります。

でも、そんなことより、

「タピオカの次は何が流行るんだ!」

って、話です。

ということで、その頃流行っていたものを振り返って戦略を、練りましょう。

1992年の後

だいたい1993年。

1989年が日経平均約40000円バブル絶頂。そして1990年には20000円割れでバブル崩壊しております。

そんな雰囲気の中、

1993年は「Jリーグ開幕」「福岡ドーム完成」「55年体制崩壊・政権交代」「レインボーブリッジ開通」

円高、節約、デフレが始まって格安!なんて言葉も。

なんでしょう。

バブルの名残であり、崩壊後の不信感であり。

20年以上戻っても、不景気とかデフレとか、変わらない日本笑

2008年以後の感じ

2009年、

「政権交代」…

再び政権交代交代です笑

いやー、でも来年政権交代はないですねさすがに、与党が強すぎる。

エヴァンゲリオン新劇場版:破

(=゚ω゚)…え、10年以上前なのか破って。

そして、

「100年に一度の大不況」

株価2009年3月バブル崩壊後の最安値。

7000円台です。

はい、失われた30年でしたっけ?笑

もーどこ切り取っても景気のいい話が出てきません!!

そしてタピオカはブームです!!

そしてノンアルコールビールの台頭。

1993年には缶のお茶もブームに。

シンクロ率半端ない、まじ「破」。

キーワードは「節約」「健康」「お茶」「不景気」「円高」

なんか、絶望的な不景気になると、

人は、健康的になり生活コスト(企業でいうとコスト、原価率・タピオカは原価超安い)が下がり。守りに入る。

あと、円高にもなります。

ここから、次のブームを考えていくと、

輸入系なんですかね。これだけ金融緩和していても、円高に向かう可能性があるほど、世界経済にらみ合いが続いているので、円高、不景気、健康志向…

からの、オリンピック。

次のブームは輸入プロテインジュース

きっとこれだ。

プロテインジュース。

軽いアウトワーク&その後のプロテインジュース(可愛いやつ)

不景気の流れを振り返る記事でした笑