トレンド

実は美味しい炭酸ファンタはドイツ生まれで味も◯◯だった!面白雑学5選

夏になると無性に飲みたくなるドリンクファンタ!!Fanta!!

断然グレープ味ですが、現在様々な味が登場し長く愛されている炭酸飲料です。

そんなファンタ面白雑学スタート!!

コカ・コーラ社のファンタだけど実はドイツ生まれ

コカ・コーラだからアメリカ生まれじゃないの??

って思いますが、実はドイツ生まれ。

コカ・コーラのドイツ法人で生まれたんですって。むむ!

なんでアメリカじゃなくてドイツなの!?

1940年代戦争でコーラの材料が足らなくてファンタ誕生

ドイツでもコカ・コーラって大人気だったんですよね。

でも、戦争でコーラの原材料がなくなっちゃって。

当時のコカ·コーラ社のマネージングディレクターであったマックス・キース氏が担当化学者に代替品の開発を依頼!!

もちろん、戦時中でも作れる材料のやつ!

ファンタ爆誕!!

最初のファンタはりんご味??

戦時中でも作れる原材料ということで、

使われたのは「りんごの果肉」「乳清」

今売られているファンタとは全然味とか違ったけど、

でもでもでもでも大人気だったんだって!

意外と美味しそう…。

ファンタの名前の由来はファンタスティック

ファンタスティック!!(ファンタ)

ファンタジヴォル(想像力ぱねえ)!!(ファンタ)

うん、ファンタだね。

日本では1958年から売られていた

1958年。昭和33年で東京タワーが正式にオープンした年です。

そんな歴史あるファンタですが、

最初のラインナップからオレンジ味とグレープ味は販売されていました。

さすが、王道!!

いやー、歴史あるファンタさすがです。そして飲みたいです。

コンビニ行かなきゃ。

明日ファンタ片手に、ぶっちゃけファンタの生まれたとこ、知ってる??

って誰かに話してみよう!!