食べ物

夏の肌ダメージ&美肌効果・ビタミンCを取るにはレモンより赤ピーマン

紫外線。赤外線。

今回は紫の外線が特に気になります。

日焼けによる、肌へのダメージ。

夏、紫外線、日焼けヒリヒリ(=゚ω゚)……。

お肌のケア&日焼け対策はたくさんあります。

その中でも、ビタミンCを取る。というのも大事なお肌ケアになってきます。

ビタミンCの効果とは

強い抗酸化作用により、免疫力を高める効果があったり、メラニンの生成をおさえてシミ・くすみを防いだり、蓄積されたメラニンを代謝によって排出したり。

健康にも大事なビタミンC。そりゃお肌にも大事な存在です。

本当はめっちゃすごいパワーがあるのに、パワーがありすぎて、しかも摂取するのが簡単でコスト低いから、パワーを過小評価されている部分もあるとかないとか。(ビタミンC最強説が広まるとお医者がこまるという噂笑)

ビタミンCといえば「レモン」だけど

実はレモンはそこまで抜群にビタミンCが含まれているわけではありません。

なぜビタミンC=レモンというイメージが定着したかというと、

ビタミンCの最初の研究のとき、

オレンジで研究が進んだのですが、そのオレンジよりビタミンCが豊富って位置付けになったのが「レモン」だったのです。

ちなみにビタミンCは酸っぱくない

なんかビタミンC=レモン。っていうイメージからビタミンCって酸っぱい!!みたいなイメージが定着してるように感じますが、

レモンの酸っぱさは「クエン酸」からくるもの。

ビタミンCは実は、たいして味はありません。

ジャガイモからもビタミンCは安定して抽出できる

ビタミンCは本当、体によい栄養素であり、しかも摂取が簡単です。

ジャガイモからも抽出できます。

サプリメントなどの「ビタミンC」はジャガイモから抽出されていることが多いそうです。

ビタミンCを取るなら「赤ピーマン」や「ブロッコリー」

柑橘系じゃないんかい!!

って突っ込みたくなる赤ピーマンブロッコリー

赤や緑……。

そのほかにも、ゴーヤ……緑……。

いちご……赤……。

海苔……明太子……、うまい……。

ビタミンCは壊れやすいから生で

赤ピーマンやいちごなんかは生でいけますね。

でも、

ここら辺までくると、完璧な答えなんてないのですが、

様々な食品を色々な食べ方で取るのが一番良いと思います。

柑橘系からビタミンCを取ろうとすると紫外線の吸収が良くなってしまう説も

「ソラレン」という成分。

これが、紫外線の吸収を高め、色素沈着を引き起こすらしいのです。

このソラレンが含まれているのが「柑橘系」の食べ物。

キウイ、ブロッコリー、ジャガイモも含まれるらしく、

結局、どの部分を気にして食べたらいいのかわからなくなるわけですけど、

朝出かける前にビタミンCを意識するんじゃなくて、夜などお肌のケアだと思って食事とるくらいがいいんですかね。

バランスよく栄養&ビタミンCを取ろう!

結局はここに落ち着くのですが、

たくさんの種類の食材から、様々な食べ方を意識して、バランスよく食事を取りましょう。

あと、睡眠!!

もービタミンC関係ないです笑

正直、睡眠が一番お肌と体の調子に影響すると思っています。(経験談)

明日、ビタミンCって酸っぱくないんだぜ!!って誰かに話そう!